Tuesday, March 22, 2005

Esprit d'entreprise

Le boulot a la japonaise...un ami commence en avril a travailler dans une grande entreprise. Il logera dans les "dortoirs" de l'entreprise... une chambre d'environ 10 ou 12 m2 qu'il partagera avec un inconnu. Le seul endroit ou il pourra s'isoler: sur son lit en fermant un rideau. Douches communes. Petit dejeuner, dejeuner, diner a la cantine de l'entreprise. Tous les matins, il chante l'hymne de l'entreprise...tout cela ne fait-il pas un peu colonie? En echange, on loge et mange quasi gratuit.
研究室の同僚はもうすぐ会社に入る。会社の寮を六畳、二人部屋に引越しして、朝昼夕ご飯は会社で食べる。毎朝会社の7項目を大声で呼ぶみたい。ベルギー人から見ると大驚き。それは普通なの? Posted by Hello

2 comments:

�‚� said...

ローリンの同僚の勤務形態は厳しそうね。忙しくて家でごはんも食べることができなくて、かわいそう。日本は働きすぎ?!でも、そういう会社だけではないからね。
会社によっては、朝のミーティングの前に会社のスローガンや社訓を言うのってよくあるよ、ちょっと軍隊みたいだけど慣れると、それを言って気持ちを会社モードにしたりする。けじめの様なものかな?
会社の目標を忘れないようにするためのものかもね

linou said...

軍隊みたいだね。けど会社に入った直後、いいことかもね、みんなはまだ若くて、そのほうが友達で気安いのかなあ。会社の目標を頭に入れても悪くないよね。
欧米と違うのは、どこか優先のことね:プライベートか会社か。会社とプライベートが一緒になるなら、問題なくなるね。賢いかも!